FC2ブログ

小説挑戦

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

投稿小説「ありのままに」完結 

未分類

約二ヶ月。
初投稿は2月4日。なので正確には1ヶ月と26日かな?
SSの完結にしては短い、しかし長いSSでした。


タピです。もう一つのあとがきです。


番外を入れて全部で52話。
完結するには案外短い数かもしれないし、そもそも無印しか終わってないし・・・
まぁ色々と書いておいて、これでおわりー!?
見たいな感じかもしれないですけどね;

でも、一応はと言う感じですね。
やはりリアル優先なので←

それで、今まで書いてきた感想ですかね。
誰が見るんだーと言うのはさておき、自分の心の整理的にということです。

最初の頃は、空を駆けるとの掛け持ちでした。
それはもうものすごく軽い気持ちで・・・いや、結局最後まで軽かったですけどw
空を駆ける完結してないじゃんという、のもなしでw

本当に最初から最後まで駆け抜けたって感じですかね。
ノリで書いて、勢いで投稿して、そしたら、予想以上にたくさんの人に見てもらえて、感想までもらえて。
それが楽しくて、続編書いてそれが評価されるのが楽しくてって言う感じのループでしたね。

本当に感想では色んなアイディアをもらったり、指摘してもらったりで嬉しかったことばかりだな。

「楽しかった」や、「続き楽しみにしてます」この一言だけでも嬉しいのに、
さらに一部のシーンをこぴぺして「面白かったw」とか「ここで吹いたw」とか、本当に・・・読んでて涙が出ちゃいましたよ。
おかげで、一日に何度も読み返して、今でも1のコメからよく読み返します。
そのたびに、コメしてくれる常連さんには、
「ああ、このときからの付き合いか」とかよく思ったものです。
本当に読者の方々には感謝しても仕切れないですね。あとがきにも書きましたが^^;

そして、最終話が終わった後の感想・・・
第一にようやく終わった、と言う安堵と、これでしばらくさよならなんだよな、と言う切ない気持ちが入り混じりました。
なんていうんでしょうかね。
よく分からないんですが、名作と言われるものが終わっていく切なさに似てましたね。
自分の書いてるのが名作でも、ましてや傑作でもなくただのSS、下手したら駄作なんていわれてもおかしくないものなのに、
それなのに、なんなんでしょうかね? この達成感。本当に気持ちよかったです。
最後の投稿し終わった瞬間の脱力感とかすごかったですw

まるで、プロの作家さんが原稿を書き終えて、出版される前とか後とかってこんな感じなんでしょうかねw
本当に清々しい・・・。
小説を書きたくなる気持ちが分かります。
いや、今までも知ってましたけどねw 

ただ、
簡潔は初めてだったので、色々とあるんですよ。

そして、これが投稿したときの感想で、
投稿した作品を呼んでの皆さんの感想・・・涙があふれたのはここだけの秘密です。

本当に・・・本当に・・・書いてきて、読んでもらって嬉しかったです。
続編希望の声とかたくさんあって、
作品を一貫して楽しかったとか、最後に吹いたとかもう・・・本当にその言葉の一つ一つが嬉しかった。

その中にはまるでこの作品が傑作であるかのように言ってくれる人もいたり・・・本当に感謝感激です。
こんな、駄文で文才のない高校生の作品を評価してくれるなんて・・・

自分自身の、作者としての目標は良作と言われる作品を書きたい。
迷作と言われるような作品に、でした。

はたして、なったのでしょうか?
それは、分かりませんが、ただ。

この作品を最後まで読んでくれた方々に感謝を。
この胸いっぱいの心一杯の感謝をするばかりです。


本当にありがとうございました。



読んでくれた人がここを覗いてくれているかは分かりませんが、
続編を書くのはしばらく出来そうにないですが、時間の合間を縫って、番外編。後日談などもちょくちょく書けたらなと思います。

コメントを書いてくれた人たちのほとんどが、不定期でも番外編を見てみたいと言うのでね。
自分としても、猫成分・犬成分・幼女成分が足りなくなったら・・・と考えたら自然に手も動くと思うんでw

以上、もう一つのあとがきでした。


P.S
こんなタピの近況はブログやツイッターにて、報告というか呟きますw
ツイッター→tapi@shu @ → _
関連記事
スポンサーサイト




 更新履歴カレンダー