FC2ブログ

小説挑戦

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

東京都青少年健全育成条例改正案について語る 

未分類

さてと・・・そろそろ語る時がきたようだ。

タピです。


今回はタイトルの通り
『東京都青少年健全育成条例改正案』のお話をを取り上げたいと思います。

たまには真面目に語るのもいいと思いますしね。
さて、この条例についてもはや知らない人はマイミクの中にはいないと思いますが、
どのような内容か簡単にご説明いたします。

この条例は、
マンガやアニメの過激過剰な性表現に対する規制を主とする条例である。

この過剰過激というものが「どれほどのもの」かも分からないために余計に混乱が乗じているといえる。
この過激過剰という表現の仕方が、当てはまるものの定めや規律を作るのは非常に難しい問題である。
そういった感性的なものは、個々人の意識や考えによって変化する為、
とりようによってはありとあらゆるアニメやマンガが規制の対象となりえてしまう。

このように条例や法律などと規律を定める際にはその明確化が必要とされるのに、
それができていない、むしろ不可能であるのに都はこれを条例とすることをほぼ決定付けた。

さて、まずはこの条例を作ることになった理由はいくつかある。
表向きは、近年性犯罪が増え、その増えた原因となる、なっている可能性がある過激な表現のあるマンガやアニメを規制しようと考えた為だ。
裏向きとは、この規制を成り立たせようとしている人物の思惑である。

第一にオタクというだけで、偏見を持つ物が都議会内にいるのはすでに証明されている。
これは、前回否決された時に小さい子に対して愛、いわゆるロリコンというものに対して、病気だという発現をしたことからもとれる。
無論、この小さい子に対しての愛というのは、確かに中には恋愛感情を含むものもいるだろうが、しかしそれが悪い事かといえば、そうはいえず。また、それが病気かといえばそれも言えない。
常識としてずれているかもしれないが、ただそういった感情がマンガやアニメが原因だというのもまた証明さえ出来ない。
それこそ個々人の完成であり感情のため規制しようがしまいがどうにもならない問題である。

事実、とある国では同じような規制により性犯罪が増加した国が多々ある。


となると、この規制はいくつか見当違いのものに見えてくるのが分かるだろうか?

性犯罪の抑制の為のマンガやアニメの規制が、マンガにアニメ自体には性犯罪を勃発させる効果があると言えないのではないか?

もちろん、これは証明されていない。
あるともないとも証明されていない事ではあるが、つまりない可能性もある時点で見当違いにも近い。
あるという可能性上、やる意味は多少ながらあるのかもしれないが、むしろ規制によって増幅する可能性もあるのだから、無理矢理に進めるまでの事では無いように見える。

ここまでが条例自体の必要性について。
次は問題点についてだ。

この条例、『自分は都民じゃないから』や『オタクじゃないし、マンガやアニメは関係ない』とは言ってられない問題である事を知ってほしい。

現在日本経済において、オタク関連の経済的効果がかなり大きいことは周知の事実だといえよう。
代表例といっては、けいおん! の楽器関連の売り上げのみならず、コミケを代表とするイベントにおいても経済効果は大きい。
もちろん、海外に進出しているマンガやアニメだって多数あるのだから国際的に考えても影響力や経済力は大きいといえよう。

もし、この文化が規制されてしまったら?
まず間違いなく経済力は低下するだろう。これは直接的な不景気を表す結果となる。

しかし、一部では
「でも、規制するといっても過激なものだけだし、普通のものは関係ないんじゃない?」
という疑問も浮かぶものもいるだろう。

答えは、関係ないなんてありえない。
むしろバリバリ関係ある。


一例として、すでに角川や集英社を代表とする大手出版社が、都主催のアニフェスへの参加をボイコットを公言している。
これは目に見えて、悪影響を及ぼしているのが分かる一例だ。

他にも、これからの発展にも影響が出る。
規制により作家がのびのびと描けなくなる可能性が出てくる。
また、今まで出版されていたものやこれから出版される物が18禁設定されたらどうだろう?
これだけで読者は確実に減るのがありありと見える。
中には18禁というだけで買わないい人がいるのだから当然の反応であるし、
逆に18禁を求めたのに求めたのとは違う物が入ってくる事もあるので、求める側として邪魔極まりない。
18禁というのだから、周りから求められるものもそれ相応の物と化さなければならい必要性だって出てくるかもしれない。
そうなれば、ますます作品が減り、読む人が減っていくのは分かりきっている事だ。


このように経済的な面からの打撃を与えかねないこの規制は、実は関係ないと思っていた人たちにも影響を与える可能性があるのである。


ちなみに、この規制は小説や実写を対象外としている。
その点での批判もあるのも事実だ。



他にも細々としたものがあるが、これでなんとなくは分かって頂けただろうか?

要点をまとめると

・条例自体に無理がある
・確固たる基準の定められない条例
・経済の衰退の危険性がある
・文化の衰退の可能性もある
・性犯罪の増加に繋がる可能性がある

と言った事になる。

もちろん、これらについて述べた俺自体が批判派の人間なので肯定派の人はこうじゃない、と思うだろう。
現実として、この条例を是としている人の多くは小さい子供を持つ保護者が多い。
保護者は皆
「こんなものは子供に見せられない」や「子供に悪影響」などと言う。
まぁ彼らの場合は
国民的アニメのクレヨンしんちゃんを批判したり、
銀魂を単なる糞マンガと思ってる人が大半なので、それが正論なのかといえば疑問を抱くが。
しかし、これもまた一つの主張だ。

だが、俺に言わせて貰えば、

「だったら見せなければいいだけの話」

と思っている。
この条例自体もたぶんに偏見や独断や極論が混じったものであると思われるので、なんだかなぁという気持ちだが・・・



以上、東京都青少年健全育成条例改正案について語ってみた。

みんなにも意見や主張があると思うから是非とも聞かせて欲しい。


参照サイトとURL

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%85%A8%E3%81%AA%E8%82%B2%E6%88%90%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BE%8B(wikiより)

「ジャンプは載せる」規制抗議
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1438095&media_id=4

都青少年健全育成条例改正案:都議会委可決 漫画家・野上武志さんに聞く
http://mainichi.jp/enta/art/news/20101214ddm041010116000c.html

青少年健全育成条例改正案:都議会委可決 付帯決議で慎重運用要求
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20101214ddlk13010236000c.html

漫画の主要出版社、東京アニメフェア参加を拒否
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=20101210_yol_oyt1t01028

ツイッターより、
都議会傍聴者の方の発言など
関連記事

 更新履歴カレンダー