FC2ブログ

小説挑戦

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

被災後初日記 

未分類

まずは東北・関東大震災で被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
まだまだ余震も続き余談のならない状況下ではありますが、一日でも早い復興を心より願っております。

タピです。

ああ、この日記を書くまでに随分な時間がたってしまいました。
何かを『書く』ということまでに、どれほどの決意と覚悟をしてきたかということを改めて痛感し。
今まで平常通りにできていた執筆も、かの震災で思った以上の精神的余裕を無くしてたことを実感しました。
事実、現在もどうしようもなく不調と言える状況と言えます。

個人の経験の話ではありますが、
揺れている当時はゲマズで買い物している時だったんですよ。
ちょうど予約してたなのはの特装版を買ってる時でしてね。
その時の揺れで震度五弱。
平気。
揺れてる状態の時は極めて平常心だったんですけどね。
それから時間が経つにつれ、段々と精神を削られていきましたよ。

自分も一応帰宅難民でして、
数時間かけて歩いて友達を見送りながら帰りました。
次の日は筋肉痛他、諸々の理由で家で引きこもってました。

震度五弱……
その程度の地震で、これほど追い詰められてしまうのだから、
震度7や原発という未曽有の危機に陥ってる被災地では並々ならぬ状況であろうことが予想できます。

自分は阪神淡路大震災を知りません。
19歳という若輩者なので、その被害の尋常さというのは、どうも他人事のように感じしまいがちです。
ですが、今回のはどう考えても他人事、とまでは感じられません。
そりゃ、現地に比べれば知ったふうな口をということになるのでしょうが、それだって過去の震災に比べれば予想はできます。


『平常心』


これがどれほど恵まれた環境でないと生まれないかが身に染みて分かりました。

でも、未だに終りではなくこれからも、なんですよね。

絶賛欝中ですが、まあその中でも結構無理に執筆し投稿したおかげで、
皆様のコメントのおかげでまだ書いていくことができそうです。
本当に読者様様です。
作家は読者がいなければ作家ではなく、作品は読者がいなければただの自己満。

本当に救われますね。

同じように自分の書いた作品で救われる人がいてくれると嬉しいのですが、
それは高望みというものでしょうか?


今回の震災で沢山の方が応援の絵を書いたりメッセージを送ったりして、
自分に出来る限りの応援をしてきています。

pixivやtwitterなんかでは、震災後をリアルタイムで追ってたのですが、
もう何度泣いたことか……

心温まる絵や言葉の数々。
人の強さを感じましたね。

言葉一つ一つの強さも感じました。

そんな中自分ができるのはこうやってだらだらだと言葉を綴ることや、
有力な情報や、手助けになる情報をtwitterで提供したり、募金ぐらしかできません。

献血は……血が足りないということで断られてしまいました;
すみません、年中貧血というか、先天的な貧血の病気を持ってるんで力になれなかったです。

今回の地震で多くの人が変わっていくことでしょう。
それは震災にあった人だけでなく、この震災を見た人、感じた人、すべての人が。
是非とも


『良き方向』


に発展できるように願いたいです。

ちょっと無駄話が過ぎましたね。
そんなわけで、自分は通常状態とは言えませんが、なんとか平常通りにいきたいと思ってます。
作品も多分、引っかかりつつ、混乱しつつで止まったりして安定しないかもしれませんが、
その時は一声かけてでもらって『だいじょうぶ?』とでも言ってもらえるとありがたいです。

あなたの一言で救われる人だってたくさんいるはずですから……






コメレスです。
心配をしてくれた方々に心よりお礼と謝罪を申し上げます。
自身はこのように何とかなっておりますゆえ、ご安心ください。

>鮟肝様
中々、言葉にして文字にして言うのって難しいですよね。
色々と伝えたいことや慰めたいことなどあるかもしれないですけど、それを上手く表現するにはこう言葉が生まれなくって……。
舞氏の安否は非常に気になってたので、一安心しましたね。


>KATSU様
中々そちらのブログには顔出し出来ずに申し訳ございません。
お久しぶりです。
思ったよりも被害(精神的なものと落下物的な意味)は大きかったですが、無事でした。
まあ、生きてる分には文句は言えませんよね。


>dust様
ご迷惑をおかけしました。
健康は崩れがちで安定しませんが、概ね大丈夫です。
一日でも早く安寧がほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト




 更新履歴カレンダー