FC2ブログ

小説挑戦


【完結】由々しき仲【なのは二次創作・オリ主】

第3話

幼女すずか可愛い。かわいすぎる!
※作者はロリコンではありません。

めっちゃ短いですが、バイト前なのでここまでしか書けませんでしたorz
続きは、加筆するか、新話を投稿しますのでお待ちください。


 これから先、重要なのはこれ以上の罪を犯さないことだ。
 少女をここまで連れていき、彼女の保護者に誘拐犯扱いされても現状はおかしくないシチュエーションだ。保護だ! と叫んだ所で、犯人は皆そう言うと言われればそこでおしまいだろう。
 ならば、今すぐ出来る予防策を施さなければ本気で朱鳥が正義の味方に逮捕されかねない。それは絶対に避けねばならない。社会的にも人道的にも。
 朱鳥の年齢は例え逮捕され報道されたとしても名前は出されない未成年者だ。不幸中の幸いとも言える。
(いや、それは甘えだ。てか、なんで俺は逮捕された場合のことなんて考えてるんだよ!)
 頭を抱えながら悩み打ちひしがれる。同時に、うがーと叫び声をあげたい衝動にかられるが、自制を自分に強いる。これ以上の醜態を晒す訳にはいかなかった。
 すずかを帰す策を考える。
 一番は親御さんを呼び出すかして、彼女を強制的に家に帰すことだ。最も平和的にして現実的な方法だ。ただ、この際のデメリットとして、朱鳥が親御さんに訝しげな視線を受け、あるはずもない罪を被せられる可能性がある。
 勘違いによる不幸の始まりだ。
(だけど、やむを得ぬか)
 避けては通れぬ道と、覚悟を決める。
 何、心配ない。すずかともその親とも今日かぎりの関係だ。どう思われようが知ったこっちゃないんだ。心にしっかりと保険をかけながら。
 朱鳥の先ほどの頭を抱える行動を、首を傾げながら不思議そうに見ていたすずかに、どこかキメ顔で朱鳥は言った。
「お家の電話番号か、お父さんかお母さんの携帯番号を教えてくれないかな?」
「どうして?」
「そりゃあ、君を家に──」
「い・や、です」
 そうだったー! この子は家出してきたんだったー!
 大失態だった。
 家を帰りたくないと思っている子に、家に強制的に帰らされるだろう家族を呼ぶ好意を知られれば、当然断られる。少し考えれば分かることなのに、些か早まったせいでとんだ失敗をおかしてしまう。
 直接連絡先を教えてもらい、親御さんを呼ぶ作戦は、自分自身の失敗で頓挫した。
(で、でもここで諦めることは許されない)
 犯罪者のレッテルだけ何としても回避をしなくてならないのだ。
 朱鳥が必死に、自己防衛と子供の安全のために、思考を張り巡らせるのだが、そんなのを知るよしもないすずかは思ったことを口にする。
「泊めてください」
 とめる? 何を? この思考をか?
 明後日の方向に思考が飛んでから、すずかのを眼を見ると、そこには何かを決意した真剣な瞳があった。
「泊めてください」
 二度目。二度目にしてようやく言葉を把握する。
 とめる、とはつまり泊めること。泊める──さんずいに白と書くその漢字は、小学生でも低学年の内に覚えられる簡単な漢字だ。泊めるの主に使われる意味は、宿泊。自宅以外の所に一時的に住まわすこと。寝場所を与えるといっても間違いではない。
 彼女はそれを望んだ。誰に? 朱鳥に。どこに? 朱鳥の家に。
 なるほど、家を飛び出した家出少女の考えそうなことだ。朱鳥の家に行きたいと願ったのはそのためであったのかと、今さらながらに勘付く。
「ダメだ」
 少女の意思や願いなど関係ない。
 朱鳥はすずかを家に泊めることを明確に即決で拒む。
「どうしてですか?」
 理由は必要か。必要なのだろう。
 朱鳥はまだほんの少ししかすずかと出会ってから経っていないが、彼女が年齢上に聡明であることは十分に理解していた。そんな彼女が、家出という子供の自己主張の象徴的なことをしているのは、例え本人がどんなに大人に振舞っていても、頭が良くても根本的なところはまだ子供なのだ。
 朱鳥だってまだ子供の範疇だ。
 成人式を迎えていない。高校は卒業したが、大学には通っていない。その代わりに自営業をしている。父と母が残したこの売れない喫茶店だ。
「すずかの面倒を見切れないからね。ほら、お店開かなくちゃいけないし」
 常に赤字運営といっても喫茶店経営がある。
 売れないなら売れるように努力し、研究する時間だって必要になる。
「人居ないですよ?」
「……あ、あれだよ。今はクローズにしてるから」
「オープンしてても、この紅茶の腕前なら、普段お客さんは居ないんじゃないですか?」
「…………君、毒舌だね」
 すずかの言う通りだった。例え、お店にお客さんが居ても、ほとんどがセルフサービスだったりする。朱鳥が作る飲み物よりも、自分で作ったほうが美味しいと彼らは言うのだ。
 朱鳥はそれに納得が出来ないでいた。
 自分とお客さんのコーヒーの煎れ方は、見た限りでは全く変わらないのに関わらず、評価がこうも違うのは全く納得出来ない。意味不明だ。
「まあ、今はそれはいい。子供はちゃんと自分の家に帰るべきだよ」
「私は帰りたくないです」
「いやいや、お父さんとお母さんが心配するよ?」
「いいです。どうせ、全然帰ってきませんから」
「そういうことか……」
 なんとなくだが事情を察する。よくある話だが、子供が親に構って欲しさに、家出したとか言う類のものであろう。
(これは真剣に、家族の人を呼ぶ必要があるな)
 正直、本当に最悪の場合は一晩くらいは泊めるのもやぶさかではなかった。子供の面倒を一日見るくらい訳もない(どうせ、一日や二日で上達するわけでもなければ、売上が大して伸びるわけもないので)。部屋は両親の寝室が家具が丸ごと残っているので、朱鳥側には何ら問題ない。
 しかし、すずかの家のことを考えれば、朱鳥が勝手に判断していいことでもない。泊めるなら泊めるで親御さんの許可が必要になってくる。
(それに、こういう家族間の問題は時間が経つほどしこりになるらしいし)
 つい最近卒業するまで通っていた高校の後輩のことを思い出す。今の世の中では珍しいほど実直で、生真面目すぎる可愛い後輩は、妹との距離感にいつも頭を悩ませていた。朱鳥は相談をちょくちょく受けるも、兄妹のいない朱鳥にはかなり理解しがたい状況で、いいアドバイスをすることが出来なかった記憶がある。
 そうじゃなくても、ただでさえ難しい話だと思う。
 腫れ物のようにきわどい話題だ。下手に触れば悪化する。
「よし、分かった! なら今夜は泊まっていくがいい」
「え、本当ですか!?」
 嘘を言う。
 本当は泊まらせる気はないが、ずっと拒否し続けても、話がこじれるだけだ。ならば、ここは少しでも素直になって貰うために、子供の要望に沿ったよう見せかける。
「いいよ。それじゃあご飯の支度を始めるから、そこら辺に座っててくれ」
 すずかの元気な「はーい」という言葉を聞いてから、すずかを一人フロアに残して、調理場に入る。
「さて、ケータイは、と」
 ケータイの電話帳の中には、月村の文字があった。
「ダメ元だが」
 妹がいるという話を聞いたことがない。
 ただ、同性なのでもしかしたら親類ではあるかもしれない。
 全くの他人かもしれないが、ふと思い出した手がかりにすがらない理由はなかった。
関連記事
  ↑記事冒頭へ  
←雑記じゃけん    →更新予定について
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←雑記じゃけん    →更新予定について