小説挑戦


スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ↑記事冒頭へ  
←更新予告?    →第五十八話(不朽のモウカ)
*Edit TB(-) | CO(-) 

【完結】由々しき仲【なのは二次創作・オリ主】

第4話

果たして作者はすずかの魅力を十全に引き出すことができるのか──



 自分だけの特等席と秘密基地を手に入れた感覚にすずかは歓喜していた。
 それは誰も知らない秘境の地で、自分だけが存在を許されているかのような気分を味あわせてくれる場所。
 あの家は箱庭だった。自由を限りなく許されているようで、本当の自由は存在しない箱の中の庭。ムダに広い庭だから、自由と勘違いしやすいけれど、この場所を知ってしまったら、あの庭は数字としては広いのかもしれないけど、やはり閉じられた狭い世界だったのだ。
 ここはそうじゃない。
 店の中は確かに狭い。自身の家の敷地とは比べるべくもなく、ヘタしたらすずか個人の部屋にも劣るかもしれない。
 それでもそうとは感じさせないのは、このお店のゆったりと落ち着いた雰囲気のせいか。それとも、背負ってくれた時に感じた背中のように、朱鳥の持つその心の広さのおかげか。兎に角、この空間を妙にすずかは気に入った。
 飲み物が美味しくないのがちょっと残念だけど、自分の居場所としては十分な場所だった。
 調理場が見えるテーブル席から窓の外を見る。
 気が付けば空は黒に染まり、電灯の灯りと月のみが道を照らしている。
 知らず、すずかは家のことを考え始めていた。
 発作的に飛び出してしまった家。無我夢中で駆け抜けて、全く知らない人に着いて来て、ここに来てしまった。ましてや、自分はその人の血を多少ながらに含んでしまったりと、今日一日で恐ろしいほどの失態を犯してしまっている。
 家を飛び出したのは自分の意志だ。だけど、それだけで月村の血から逃げれるはずがないのもすずか自身は分かっている。いつまでも、こんな時間が続かないのも分かっているのだから、これ以上の問題を起こす前に帰るべきだと、すずかの中の冷静な部分は警告する。
 今ならまだ姉も許してくれると。
 それでも嫌だ、と告げる自分もまた居た。
 なんだかんだで優しい姉のことだ。散々自分のために怒って叱り、挙句には笑顔で許してくれるとは思っていても、やっぱり怒られるのは嫌だった。
 それにここを離れるのもやっぱり嫌だった。
 この機会を失えば、またあの小さな世界での生活が始まり、二度とは出て来られないんじゃないかと考えてしまう。
 それだけじゃない。
 血を吸ってしまったことがバレれば、掟に従って、記憶の消去が行われるはずだ。そうなれば、すずかにとっての今日の出来事。失敗ばかりで、恥ずかしかったり、あまりにも子供っぽく振る舞ってしまって、顔を真っ赤にしてしまう事ばかりだったが、失うには惜しい陽だまりのような記憶は朱鳥だけ全て無かったことにされる。
(ダメ。そんなのは絶対ダメ!)
 自分だけが覚えている思い出がどれほど悲しくて、どれほど切なくて、どれほど辛いものかは、実際に身に起こらないと理解できないのかもしれない。だけど、今、思うだけで苦しくなっている心は嘘ではない。
 なれば、嫌だと思うのは正しい心だ。
(あ、今日の私わがまま言ってばかりだ)
 今まで全く言わなかった自分が、こんなにもわがままばかり言ってることに気付いた。
(……わがまま。うん、悪くないかも)
 ちょっと前。それこそ昨日までの自分なら、悪い子だなんて自分に自制を掛けていただろう。それが今や、言いたい放題やりたい放題に言って思って実行して。すごく悪い子になった気分だ。
 でも、悪くない気分でもある。清々しさがある分、これは良い気分かもしれない。
 椅子の背もたれをぎゅーっと力一杯に抱え込む。
 離れたくないという意思を一緒に抱いて。
「こら、危ないからちゃんと座れ」
 いつの間にか、調理場から戻ってきた朱鳥にひょいっと体を持ち上げられて、正しい位置に戻される。
 子供扱いされてると思うと、いちいち反対の行動をしたくなるのはしょうがないことだった。
 戻されたにも関わらず、すずかはもう一度背もたれを抱きしめ、こうしていたいんですと無言の圧力に出る。
 そうするとどうやらすずかには甘いらしく、朱鳥は困ったように髪を掻いてから、落ちるなよと忠告をした。
「落ちません。子供じゃないので」
「いや……ああ、分かった。分かったからそう睨むなって」
 子供だろと言おうとしたその口を塞ぐように、精一杯に眉間に皺を寄せて睨みつけてやる。
 しょうがないなと言いながらたははと苦笑交じりに朱鳥が笑う。
 この人はやっぱりすずかを子供としか見ていない。
 どんなに口や行動で子供じゃないことをアピールしても、彼はただ笑うだけで、すずかに対する態度を変えてはくれない。
 何と無しにその子供扱いが悔しくもあれが、どうしようもなく温かみを帯びているのも感じることが出来て、嬉しくもある。
 とてもじゃないが一言では形容しがたい複雑な感情に、すずかは不器用に拗ねてみせることでしか表現する事が出来なかった。
 一度は朱鳥へと向けた顔を再び窓の外にそっぽを向ける。
「んー、嫌われちゃったかな?」
 ちっともすずかの心情を察してくれず、呆れるほど見当違いな事を言う彼はきっと鈍感男だ。
 すずかはパッと振り返って、朱鳥に「嫌いです、だいっきらいです」と、出来る限りの感情を込めて言い放つと朱鳥はぽかーんと見てるだけど笑えてくる顔になった。そのままプイッと再びそっぽを向けてやる。
 ぷっと人知れず笑いがこぼれてしまった。必死に我慢しようとしたけど、笑い成分が口の中から溢れでしまったのだ。
 あの顔は傑作だった。これより三日間はふとした拍子に、瞳の裏に浮かんできては、笑ってしまいそうだ。
 清々した気分。
 すずかは復讐を無事にやり遂げ、傾き始めていた機嫌が逆方向に傾くと、さっきの言葉を否定するために「嘘ですよ」と言おうとした時、それが視界に写った。
 窓の外、店の前。黒く長いその乗り物を見てすずかは、「やっぱり、朱鳥お兄ちゃんは嫌いです」と呟いた。

◆  ◆  ◆

 朱鳥がそのリムジンを見るのは高校を卒業して以来、一年ぶりだった。
 「お久しぶりです、先輩」と言って出てきたのは、すずかの成長した姿がこれだと言わんばかりの美貌を誇る月村忍──高校時代の後輩だった。
 一年間会っていない間に、随分と容姿の印象を忘れてしまっていたのか、最初はもしかしたらすずかの親類かもという淡い期待だったものが、確信に変わる。
 まず間違いなく忍はすずかの姉だ。
 電話口では忍からすずかが妹だと言っていたが、何で自分は気付かなかったのか不思議に思うくらい本当に似ている。
「すみません、迷惑をかけちゃって」
「別にどーてことないよ。すずかは、店の中にいるから取り敢えず入りなよ」
「はい、じゃあ、ノエル……」
 忍はそう言うと運転してきたメイド服の人に、何やら指示を出した後に忍も朱鳥に後に続いて店の中へ入ると、指示を受けた車は走り出した。
 おそらく、どこかに車を停めに行ったのだろう。
「あれ、すずか?」
 さっきまで椅子の背もたれを大切そうに抱きしめていた少女の姿が、見えなくなっていることに気付く。朱鳥がどこに行ったのか店の中を見渡していると、忍が「すずかはどこに」と心配そうに聞いてくる。
 朱鳥はそれに「ちょっと待って」と返してから、すずかの座っていたテーブルの向こう側、調理場の方へ顔を覗かせると、膝を折って腕で抱きかかえて隠れているすずかを発見した。
 思わずため息が出てしまう。
 忍に連れてくるからそこで待っててと言ってから、調理場へと足を進め、すずかに駆け寄った。
「ほら、お姉ちゃんが来たぞ」
「うー帰りたくありません」
「そうはいかないだろ。かなり心配しているようだし」
「帰りたくないんです」
「……でもなあ、ああ見えて忍は怒ると怖いぞ」
「…………」
 いくら言っても聞かないすずかに、忍を使って脅すようなことを言うと、すずかはちょっと黙りこんでから、「……知ってます。でも帰りたくありません」とぼそっと朱鳥を見上げて言った。
 すずかの目には涙が浮かんで、目が赤くなっていた。
(そんなに忍に怒られるのが怖いのか)
 想像に絶す恐怖なのだろうか。
 温厚な人ほど怒ると怖いというが、忍もそれに当てはまることは知っていたが、すずかのような幼心には余計にそう感じるのかもしれない。
 再度ため息を吐いてから、すずかの脇を持って持ち上げ、先程まで座っていた椅子に座らせる。
 「朱鳥お兄ちゃん」というすずかの声と、「すずか!?」という忍の声が同時に耳に届いた。
「ほら、一緒に謝ってあげるからさ」
「…………やっぱり、分かってないです」
 すずかは顔だけを忍に向けて、腕を伸ばし、朱鳥の服の裾を強く握りしめてくる。
 いくら鈍い朱鳥でも、その行動の意味するところに感づいた。
 すずかはここを離れるのが嫌なのかもしれない。このお店のどこに魅力を感じたのか、店主たる朱鳥にも分からないが、どうやら少女は美味しくもない紅茶が出るお店を気に入ってくれたようだ。それ自体は非常に嬉しいことではある。
「すずか、家に帰ろ? ね、お姉ちゃんも怒ってないから」
 忍が妹だけに見せる愛に溢れた笑顔で、すずかを安心させ説得しようとする。力づくじゃないあたり、本当に妹が好きであることが表れているように思えた。
 それにすずかは静かに首を横に振るだけで、意思表示してみせた。対して、逆に困ってしまったのは忍で、どうすればいいか分からないと揺れる瞳を朱鳥に向けた。
 朱鳥にだってどうすればいいか分からないのだから、そんな目で見られても一緒に困るのが精一杯だった。
 その膠着状態を打ち破ったのは、
「それじゃあ、明日またここに来てから考えましょう!」
 元気印が取り柄ですを地で行きそうなメイドさんだった。



お約束三作品の一つ完成。
相談室は需要無さそうだし、更新しなくていいんじゃないって思いだした今日この頃です。
この作品は妙な需要があって……怖いです
 拍手ボタン
関連記事
  ↑記事冒頭へ  
←更新予告?    →第五十八話(不朽のモウカ)
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←更新予告?    →第五十八話(不朽のモウカ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。